迷娘、拾いました。ネタバレと無料で読む方法!

 
こんばんわ!

 
 
エロ漫画マニアのたかしです。
 

 
 
現在、エロ漫画の迷娘、拾いました。が、かなりエッチな内容で興奮モノと話題ですね!

 
 
この漫画は、金髪ギャルの真姫ちゃんが、おじさん相手にエロくて変態な罠にかかり、快楽に堕ちていく・・・・

 
 
調教され、性奴隷として豹変していく姿がエロすぎますね。

 
 
今なら公式サイトで無料試し読みができるので、気になる人は是非読んでみてください。

 

迷娘、拾いました。 取り扱いサイトはこちら>>

※※※クリック後、「迷娘、拾いました」で検索してください!※※※

 
 

【画像をタップして、「迷娘、拾いました」で検索!】
⬇️    ⬇️    ⬇️

 
 

迷娘、拾いました。 【あらすじ】 

 

【画像をタップして、「迷娘、拾いました」で検索!】
⬇️    ⬇️    ⬇️

 
迷娘、拾いました。では、金髪ギャルの真姫ちゃんが、おじさんに調教されて性奴隷に堕ちていく・・・エロすぎて勃起間違い無しのエロ漫画です。

 

田舎で迷った豊満ギャルをお持ち帰り調教!!
 
何もない田舎道にすっごくエロいカラダしたギャルが一人でウロウロしている…
 
胸はGカップ…いやHカップか?
 
どうやらドライブで道に迷い、彼氏と喧嘩して無一文で置き去りにされたらしい。
 
ご飯をエサに声をかけると、警戒しながらもアパートへついてきた。
 
家に入れてしまえばこっちのもの、自宅に送ってと懇願するギャルちゃんだけど
 
こんな豊満な身体をそう簡単に帰すわけにはいかない。たっぷり楽しませてもらおう…
 
最初は口悪く強気に拒んでいたけどすでに濡れまくったアソコをいじってやったらどんどんトロトロになっていく
 
ギャルちゃんの身体はおじさんの要求を受け入れ、ぐっちょり濡れた気持ちいい膣内へ
 
種付け、また種付け。
 
そしておじさんのチ〇ポに溺れたエロギャルは専用オナホとなり、自らおねだりを…

 

迷娘、拾いました。 取り扱いサイトはこちら>>

※※※クリック後、「迷娘、拾いました」で検索してください!※※※

 
 

【画像をタップして、「迷娘、拾いました」で検索!】
⬇️    ⬇️    ⬇️

 
 

迷娘、拾いました。 【ネタバレ・見どころ】 

 

迷娘、拾いました。 取り扱いサイトはこちら>>

※※※クリック後、「迷娘、拾いました」で検索してください!※※※

 
 

【画像をタップして、「迷娘、拾いました」で検索!】
⬇️    ⬇️    ⬇️

 
 
「迷娘、拾いました。」では、金髪ギャルの真姫ちゃんがおじさん家に調教され、最後は性奴隷として落ちぶれていきます。

 
 
金髪ギャルの真姫ちゃんは彼氏と大ケンカをして、家を飛び出しました。

 
 
些細なケンカでしたが、もうあの家には戻りたくない!と強く誓い、田舎道を歩いていたのです。

 
 
真姫ちゃんは高校生のため制服を着ていますが、Hカップの胸はプルンプルンと揺れるほどの大きさです。

 
 
学校では「ツンデレキャラ」の真姫ちゃんですが、実は欲求不満であり一人エッチをしたこともありました。

 
 
彼氏とのエッチも上手くいっておらず、ムラムラが募る毎日でもあったのです。

 
 
「・・・・もう絶対、あの家には戻らない!!!!」

 
 
怒った表情で夜の街を歩いていると、一人のおじさんが声をかけてきました。

 
 
「・・・君はこんな遅い時間に何をしているのかな?」

 
 
「おじさんと一緒にご飯でも食べない?」

 
 
真姫ちゃんはかなり警戒しながらも、お腹が空いていることに気づきます。

 
 
さらには勢いで家出してしまったため、今夜泊まる場所もなく、このままどうしようか不安になっていました。

 
 
(しょうがない・・・・でも、ご飯食べれるし、ちょっとくらいなら・・・)

 
 
おじさんはちょっと怪しいけど、最悪全力で逃げ切れば大丈夫だと思い、一緒にファミレスで食事をすることになりました。

 
 
しかし、意外にもおじさんは面白く、楽しい時間が過ぎていきます。そして・・・

 
 
「もし良かったら、ウチに来ない?」

 
 
「今夜くらいなら、泊めてあげられるよ」

 
 
びっくりした真姫ちゃんでしたが、おじさんの話は面白く、あっけなく返事をしてしまいました。

 
 
「うん・・・今日は帰るとこなかったから・・・」

 
 
おじさんの家に着いた真姫ちゃんは、ゆっくりとソファーに座り、リラックスをしていました。

 
 
「すごく大きな家ですね! 凄い!! 快適!!」

 
 
不安も解消され、持ち前の強気な性格が戻ってきていました。

 
 
しかし、自分のカバンを整理しようとをソファーから立った瞬間、おじさんが後ろから襲いかかってきたのです。

 
 
「ちょっと!!!!!やめ、やめなさいよ!!!!」

 
 
「な、何するの!!!!離してよ!!!!」

 
 
必死に両手を動かそうと抵抗する真姫ちゃんでしたが、おじさんに後ろから羽交締めにされており、何もできません。

 
 
それどころか、後ろからおじさんが体重をかけたことにより、ソファーに倒れてしまいます。

 
 
「動くなよ!!動いて抵抗しても、無駄だからな!!」

 
 
そして、おじさんは真姫ちゃんの首筋と耳をペロペロと舐めまわしていき、空いた右手でお尻を揉みまくっていきます。

 
 
「やっ・・・やめてっ!!!!」

 
 
必死に声を荒げる真姫ちゃん。

 
 
しかし、おじさんの力は思いの外強く、両手を縛られてしまい、好きなように弄ばれていきます。

 
 
すでにはだけているスカートを無理やり脱がされ、水色のパンティに一枚の状態にされてしまいます。

 
 
彼氏に見せるため購入した極小のTバックのようなエロパンツに、おじさんは興奮を隠せません。

 
 
そして、真姫ちゃんが抵抗できないことを良いことに、思いっきりディープキスをして、制服ブラウスの上からFカップの胸を揉みまくります。。

 
 
「アアッ!!!!な、何!!!やめてェ!!!」

 
 

迷娘、拾いました。 取り扱いサイトはこちら>>

※※※クリック後、「迷娘、拾いました」で検索してください!※※※

 
 

【画像をタップして、「迷娘、拾いました」で検索!】
⬇️    ⬇️    ⬇️

 
 
普段は強気な真姫ちゃんでしたが、性感帯のひとつである胸を揉まれてしまい、息遣いが荒くなっていきます。

 
 
強弱をつけて感度を高めていくおじさんの両手に、思わず声もあげてしまうのです。

 
 
モミモミ・・・・・モミッ!!!!!

 
 
「ハァ・・・ハァハァ・・・・や、やめ・・・て・・・」

 
 
言葉抵抗をするも、おじさんのテクニックに力が抜けていきます。

 
 
そして、自分もわからないウチに、パンツの裏側がぐっしょりと濡れていたことに気づきます。

 
 
ねちっこいディープキスをされ、おっぱいを両手で弄ばれる・・・・

 
 
すでにブラジャーは剥ぎ取られ、少しの揺れでもプルンプルンするHカップもおっぱいが露わになっています。

 
 
なすがままに体を弄られ、最悪な時間が過ぎていきます。

 
 
しかし、真姫ちゃんは自分でも信じられないくらい、アソコがびしょびしょになっており、パンツの上からシミができていたのです。

 
 
「あれ? セクシーなパンツが、なぜか濡れているなぁ?」

 
 
おじさんはニヤニヤしながら真姫ちゃんの両足を広げ、両股を広げます。

 
 
「ハァハァ・・・・やっ・・・やめて!!・・・いやぁ・・・・!!」

 
 
ビショビショに濡れたパンツを間近で見られ、抵抗できるのはかすかな言葉だけ・・・。

 
 
おじさんはお構いなしに真姫ちゃんのパンツに顔を近づけ・・・そして・・・・ゆっくりと舐める準備に入ったのです。

 
 

迷娘、拾いました。 取り扱いサイトはこちら>>

※※※クリック後、「迷娘、拾いました」で検索してください!※※※

 
 

【画像をタップして、「迷娘、拾いました」で検索!】
⬇️    ⬇️    ⬇️

 
 

迷娘、拾いました。 【作品情報】 

 

漫画名迷娘、拾いました。
作者水原優 / Rip@Lip
出版社KATTS
掲載誌愛玩☆実験室
価格1話86pt(86円)
無料試し読み可能
 
 

迷娘、拾いました。 取り扱いサイトはこちら>>

※※※クリック後、「迷娘、拾いました」で検索してください!※※※

 
 

【画像をタップして、「迷娘、拾いました」で検索!】
⬇️    ⬇️    ⬇️

 
 

迷娘、拾いました。1話 【ネタバレ・あらすじ】 

 

迷娘、拾いました。 取り扱いサイトはこちら>>

※※※クリック後、「迷娘、拾いました」で検索してください!※※※

 
 

【画像をタップして、「迷娘、拾いました」で検索!】
⬇️    ⬇️    ⬇️

 
 
家出をして一人夜道にいた金髪ギャルの真姫ちゃんは、おじさんに誘われて家に入ることにしました。

 
 
最初は「知らないおじさん」ということで警戒をしていましたが、一緒にいると楽しくてつい安心してしまいました。

 
 
しかし、一緒におじさんの家に入った途端、おじさんは豹変し、体を弄ばれてしまうのです。

 
 
最初はぐちょぐちょしたディープキスをされ、その後はHカップの胸を揉まれます。

 
 
抵抗をしたくても両手を縛られてしまい、声を出すことが精一杯。

 
 
さらには、おじさんのテクニックで気持ちよくなっていき、抵抗する声も喘ぎ声に変わっていきます。

 
 
「やっ・・・やめてっ・・・!!! ハァ・・・・ハァ・・・ハァハァ・・・・・・」

 
 
「・・・・ハァッ・・・・アッ!!!・・・・・・アアッッ!!!!」

 
 
胸をグニュグニュとも揉まれ、そして、両足を広げられます。

 
 
すでに真姫ちゃんはパンツをグッチョリと濡らしており、エッチな考えが頭をよぎります。

 
 
彼氏とセックスをしたのは一ヶ月前であり、ムラムラがとまらないほどの欲求不満だったのです。

 
 
(やっ・・・やめてほしいのに・・・・・ああっ・・・どうして・・・)

 
 
そんな欲求をおじさんはわかっているのか、真姫ちゃんのパンツを下ろし、両足を広げます。

 
 
そして、ゆっくりと顔をマンコに近づけ、ペロペロとマンコを舐めまわしていったのです。

 
 
グチョ・・・グチョ・・・ジュクジュク・・・・

 
 
「アッ!!アッ!!やめてっ!!!!」

 
 
「イヤァァァ!!!!!アッ!!アッ!!」

 
 
いやらしく舌をアソコに出し入れし、ペロペロとクリを舐めまわしていきます。

 
 
真姫ちゃんにとっては久しぶりのクンニ。

 
 
頭では絶対にありえないとわかっていながらも、クリトリスとアソコをグチョグチョと舐められてしまい、全身をピクピクさせてしまいます。

 
 
抵抗する声を出したいものの、口を開けると喘ぎ声しか出できません。

 
 
「イヤァァァ!!!!イッ・・・・」

 
 
「イッちゃう!!!イっちゃうの!!!!」

 
 

迷娘、拾いました。 取り扱いサイトはこちら>>

※※※クリック後、「迷娘、拾いました」で検索してください!※※※

 
 

【画像をタップして、「迷娘、拾いました」で検索!】
⬇️    ⬇️    ⬇️

 
 
おじさんの「クンニ責め」で全身の力が抜けてしまっている真姫ちゃん。

 
 
足はガクガクしてしまい、乳首はピクピクと動くくらい、感じてしまうのです。

 
 
最初は嫌がっていたにもかかわらず、おじさんのテクニックに体がどんどん反応をしていきます。

 
 
むしろ、自分の彼氏よりも上手いことに気づき、正直にも感じてしまうのです。

 
 
そして・・・

 
 
「イってるよ!!!!!!もうイってるってバァァァ!!!!!!」

 
 
真姫ちゃんはすでにクンニにとって何度も絶頂を迎えており、自分の本能に従うしかない状態に陥ります。

 
 
マンコからはすでにクンニとって藍液がだらだらと流れており、いつもで「アレ」を受け入れる状態になっていたのです。

 
 
ふと、おじさんのズボンに目を向けると、パンパンに膨れ上がっており、脱がなくてもわかるほどアレが大きくなっています。

 
 
真姫ちゃんはすでに何度もイってしまっており、無理やり犯されている恐怖はもうありません。

 
 
その代わり、本能のままに男のアレを求める欲求が爆発していたのです。

 
 
(ああっ・・・・ほ、ほしいっ・・・・ほしいよぁ)

 
 
真姫ちゃんの考えが手に取るようにわかるのか、おじさんはゆっくりとズボンを下ろします。

 
 
そして、真姫ちゃんを無理やり自分の目の間に膝まづかせ、Hカップの胸を両手でつかみます。

 
 
男のアレが欲しくてたまらない真姫ちゃんはもうイイナリになるしかありません。

 
 
しかし、おじさんは焦らすためなのか、おっぱいを持ち上げて、カチカチに大きくなったアレを挟んだのです。

 
 
「・・ほしいんだろ?これが!」

 
 
「じゃあ、その前に俺にご奉仕しろっっ!!!!」

 
 
強い口調で「パイズリ」を強要される真姫ちゃんでしたが、もう断ることはできずに懸命におっぱいでアレをこすっていくのです。

 
 
 
 
ムニョ・・・ムニョムニョ・・・・ムニュッ!!!

 
 
欲しくてたまらない・・・・

 
 
もう我慢ができない・・・・

 
 
「こんなこと・・・・ハァハァ・・・サイテーよ・・・ハァ」

 
 
言葉ではそういうものの、苦しいくらい性欲が溢れて、体中が暑くなる真姫ちゃん

 
 
もう、おじさんのイイナリになるしか道はありませんでした。

 
 
濡れるアソコは我慢の限界に達していました。

 
 
そして、おじさんの魔の手で落ちぶれていく人生がここからスタートしたのです。

 
 
奴隷・・・調教・・・・もう、部屋から出ることすらできなくなり、

 
 
自らチ◯ポをおねだりしていき・・・・・

 
 

迷娘、拾いました。 取り扱いサイトはこちら>>

※※※クリック後、「迷娘、拾いました」で検索してください!※※※

 
 

【画像をタップして、「迷娘、拾いました」で検索!】
⬇️    ⬇️    ⬇️